アルツハイマー病.com TOP → 関連の病気 一過性全健忘症

一過性全健忘症

一過性全健忘とは、記憶を一時的に忘れてしまう病気です。通常は24時間以内に正常に戻ります。記憶のみが障害される病気で、発作は突然に生じ、発症中は新たな記憶の形成が出来ない前向健忘と、また発作前の記憶が消失する逆向健忘が特徴です。

一過性全健忘症は前者の前向健忘が突発的に発症することで、普段は健康だった方でも急に発症する毛0巣があります。患者本人にとって非常に厄介な性質を持っており、正常な状態に戻るまでは物事を自己解決できなくなってしまうことが大半です。

一過性という名の通り時間が過ぎれば回復するため、一過性全健忘症は単体なら進んで治療が行われることはありません。心因的なストレスを恒常的に感じている方は特に起こしやすい病気で、側頭葉が血流低下してしまうと発症するというのが定説です。

一過性全健忘症はアルツハイマー病の初期症状として出るなど、アルツハイマー病と関係性の深い病気です。しかしそれだけでなく、てんかん・頭部外傷・軽度の脳卒中・心因性のショックなど、様々な要因によっても起こるとされています。一過性全健忘症はそれ単体で起こることも厄介ですが、これらが起因して起こるということも疾患の複雑性を深める原因となっているのです。

突発的に起こってしまう一過性健忘症は、患者にとって非常に厄介な性質を持っています。自分が今どうしてそこにいるのか分からなくなることもあり、混乱してしまうことも多いでしょう。一過性のものであるとはいえ、その際の混乱は他者にとって計り知れないものです。

関連の病気


ナース白衣
ナース白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ウェディングドレス レンタル
http://www.ozoz.co.jp/