アルツハイマー病.com TOP → 関連の病気 パーキンソン病

パーキンソン病

パーキンソン病は50〜60歳代に発症し、主だった症例では筋強剛・ふるえ・動作緩慢などといった症状がみられる病気で、神経変性疾患の中でも原因が不明とされている病気です。アルツハイマー病と同じく、未だに解明されていない点が多く残り、今後の課題として様々な問題が残されています。またパーキンソン病と酷似した症状が出るとき、パーキンソン症候群と総称されることもあります。

パーキンソン病はアルツハイマー病よりも歴史が長く、その登場は1817年と、200年近くにも渡る歴史を持っています。元々はイギリスのジェームズ・パーキンソン氏が発見し他病気で、当時はその発見を評価する声は少なかったですが、1888年になってからフランスのマルタン・シャルコーが再評価し、パーキンソン病という名がつけられたのです。同時にその重大性も問われるようになり、しかし原因の究明は困難であることは変わらず今に至るというわけです。

パーキンソン病は中年から発症率が高くなりますが、早い方だと10代でも発症しますし、80代の方まで発症するという幅広さを持っています。中年以降からは年齢を重ねるごとに発症率が高くなってきます。また40歳以下の方が発症すると「若年性パーキンソン病」と呼称されることになるものの、名前が若干違うだけで通常のパーキンソン病と同症状を発症します。

原因の究明が年々進められてきているアルツハイマー病に比べ、パーキンソン病はいまだに原因が不明確である厄介な病気です。今後の発展に最も期待と注目が寄せられている病気と言えるでしょう。

関連の病気


不用品処分で良い業者?岐阜
不用品処分を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プラビックス 副作用
プラビックスの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!