アルツハイマー病.com TOP → 関連の病気 若年性アルツハイマー

若年性アルツハイマー

アルツハイマーは高齢者の病気だと考えられていましたが、昨今、若年性アルツハイマーとして10代20代でもアルツハイマーになることがわかりました。現在、この日本では10万人前後いるとされており、働き盛りである40から50代の若年性アルツハイマーがそのほとんどを占めています。10代20台でもアルツハイマーになるとは述べましたが、それに関してはかなり稀な例です。

若年性アルツハイマーというのは、老年期を迎えていない40歳から65歳の間で発症することを主として言います。40代から50代が働き盛りであることは先に述べたとおりで、この時期に発症してしまうと仕事もままならなくなることがあり、経済面への負荷にも直結します。

10代20代の発症が稀であるといえ、それは同じことで、仕事に差し支えることから様々な面で悪影響を及ぼします。老若の差で貴賎があるなどと言うつもりはありませんが、こういった事実があることを知って頂きたく存じます。

しかしながら、アルツハイマー病を発症すれば仕事に差し支えるということは、その違和感によって発病を早期発見できる可能性もあるということです。アルツハイマー病は早期発見が最も肝要になる病気です。仕事の能率が不自然なまでに落ちてるなど、他者が気付いてくれる場合もあるのです。

働き盛りの方に起こる若年性アルツハイマーは、それだけに非常に厄介な病気といえます。しかしながら、それでも早期発見さえ出来れば、通常のアルツハイマー病と同じように進行を遅らせることが出来るのです。

関連の病気


タキソテール 副作用
タキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

事務服 ジャケット
事務服のジャケットなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!