アルツハイマー病.com TOP → 治療と予防 脳の活性化

脳の活性化

高齢者の方はよくテレビを見ていますが、それは脳の活性化を遅らせる原因になります。朝起きたらすぐにテレビを付けて、大きな音量で一日中付けっぱなしですと、周りの人の迷惑にもなりますし、活性化も遅れます。脳の活性化を促進させるには、本を読ませるなどの工夫をするべきでしょう。

また、テレビをずっと見続けるのは確かに脳の活性化を遅らせますが、昔やっていた番組を見ることで感情・意欲を向上させるテレビ回想法に関しては、アルツハイマー病には効果的です。

アルツハイマー病の症状が進行していくと、物事に対して興味がだんだんと無くなっていきます。これまで好んで行っていた趣味などもやる気が無くなってしまうため、脳を進んで使うことがなくなり、脳の活性化が遅れてしまうのです。

脳の活性化を促進させるためには、いわゆる頭を使う趣味を継続させることが大事だと言われています。将棋やチェスなどといった盤上遊戯が、その代表格といえるでしょう。またスポーツが出来る状態であれば、卓球も効果的です。卓球は意外と頭を使うスポーツであるため、脳の活性化には良いのです。

脳の活性化を促すには、頭を使う趣味などを持つのが良いでしょう。とはいえ、無理強いしてはいけません。あくまで患者が進んで興味を持てて、なおかつ楽しめるものでないと、脳の活性化には繋がりにくいのです。意欲的に趣味活動を行うことが、アルツハイマー病の進行を予防するのに繋がるのです。

治療と予防


貸会議室・貸し会議室・大阪・大阪市
こちらで

省エネ 山形
こちらで

アンカロン 添付文書
アンカロンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!