アルツハイマー病.com TOP → 治療と予防 治療薬

治療薬

アルツハイマー病というのは、アセチルコリンという脳の物質が減少していく病気です。アセチルコリンを分解する酵素を阻害して、アセチルコリンを増やす効果を持つ薬があり、それを利用すればアルツハイマーの進行を遅らせることができます。アセチルコリン分解酵素阻害薬は日本の医薬品メーカーであるエーザイ株式会社が開発しており、1999年から保険診療で用いられるようになりました。

アルツハイマー病に効果のある治療薬はアセチルコリン分解酵素阻害薬だけでなく、抑肝散という漢方方剤の一つも挙げられます。これはアルツハイマー病が第二期以降へ信仰した場合に起こる、徘徊行為・幻覚・妄想・乱暴になるなどといった症状を抑えてくれる働きを持つとされています。

他にも、塩酸メマンチンという治療薬は第二期以降のアルツハイマー病を改善する効果のあることが知られており、アメリカや欧州連合(EU)にて用いられています。現在、日本ではまだ臨床試験の段階にありますが、将来的には塩酸メマンチンがアルツハイマー病の治療薬として用いられるようになるかもしれません。

アルツハイマー病の歴史は約100年以上に渡り、患者の方々を苦しめています。しかしそれに並行して、治療薬も日々研究を重ねられ、進化しているのです。完全な治療薬というのはいまだ開発されていませんが、アルツハイマー病を早期発見できれば、症状に応じた治療薬(抗精神病薬・抗鬱剤など)を使用することによっても進行を遅らせることが出来るのです。

治療と予防


イモバックス 副作用
イモバックスの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

アミティーザ
アミティーザなら医療関係者向け情報サイトで