アルツハイマー病.com TOP → アルツハイマー病とは アルツハイマー病と介護

アルツハイマー病と介護

大切な家族がアルツハイマー病になってしまったら、まずは症状を見てください。第一期の初期症状の場合は、生活習慣の改善・食事・運動などで、症状の進行をある程度は抑えることが出来ます。日常的な生活も可能です。

しかし第二期(中期)・第三期(後期)の症状の場合、患者が一人で生活をすることは難しくなります。そこからは必ず、家族かケアヘルパーによる介護サービス、もしくはグループホームなどによる助けが必要となるでしょう。

アルツハイマー病に関して、第一期の症状ならともかく、第二期以降となると著しく人格が変化してしまうように感じることがあります。周囲の人達がアルツハイマー病のことを良く理解していない場合、患者はまるで人が変わってしまったかのように見えてしまい、患者のことを敬遠するようになるかもしれません。ですが、それはアルツハイマー病が原因で、患者自身もそのことに苦しんでいるケースがほとんどですし、根本的な部分はその人のままです。

家族の方が介護する場合、求められるものはアルツハイマー病に対する理解です。ケアヘルパーなどの介護サービスやグループホームで働く方が理解を持つのは当然のことですが、家族の方にとっては突然であることがほとんどなため、すぐには難しいかもしれません。それでも、少しずつで良いので、理解してあげてください。これは介護サービスを利用する場合でも、家族で介護をする場合でも、同じことです。

アルツハイマー病の方を介護する人に最も必要なのは、患者の人格・積み重ねてきた歴史・個性を尊重する気持ちです。

アルツハイマー病とは


タキソテール 添付文書
タキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!