アルツハイマー病.com TOP → アルツハイマー病とは アルツハイマー病とアルミニウム

アルツハイマー病とアルミニウム

アルツハイマー病は、その原因の特定がいまだなされておらず、それゆえに難病とされているものでもあります。しかしアルツハイマー型認知症患者の脳に、一定量以上のアルミニウムが蓄積していた事例があります。

それだけでなく、飲料水に含まれるアルミニウムの濃度が高い地域は、他と比べて発症率が高かった例もあります。また透析脳症の患者の脳にはアルミニウムが存在していたことも確認されています。これらの事実から、アルミニウムがアルツハイマー型認知症の原因ではないかという仮説がありました。

しかしながらこれらの仮説は、アルツハイマー病とアルミニウムが関係しているという決定的な定説とはなっていません。アルツハイマー病とアルミニウムの関係性について否定する声も多く、調査例は地域における人口動態などといった裏づけもないのです。

とはいっても、アルツハイマー病とアルミニウムが関係していることについて、完全な否定はありません。むしろ一応は関係しているであろうという見識が多いです。ただ、経口摂取によって脳にアルミニウムが届くということに関しては、疑いの声が高いです。

こうして見ると、もしもアルツハイマー病とアルミニウムが関係しているのなら、アルミニウムは避けたほうが良いのではないか、と思われるかもしれません。しかしながら、日常生活で摂取する分についてはそこまで心配いりませんし、欠乏症の危険性もないので、あまり気にし過ぎる必要もありません。

アルミニウム原因説を利用して、異常に高価な浄水器やアルミを使っていない鍋などを高く売りつけようとする悪徳業者もいますが、経口摂取などによる関連性は疑わしいのです。こういった悪徳商法には引っかからないよう注意しましょう。

アルツハイマー病とは


イモバックス 添付文書
イモバックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!