アルツハイマー病.com TOP → アルツハイマー病とは アルツハイマー病の経過

アルツハイマー病の経過

アルツハイマー病の平均発症年齢は52歳と言われています。知的能力低下に先立つ3年ほど前から軽度の人格変化が起こりはじめ、その後は不安・抑うつ・睡眠障害や不穏・幻視妄想を認めることが多くなっていきます。これらの進行によって、アルツハイマー病は第一期から第三期までの三段階に分類されます。慢性進行性の特性を持つためか、症状は緩やかに進行していきます。

最も初期の第一期では、まず記憶力の低下が起こり、同じ間違いを繰り返してしまう学習障害と、人・時間・場所に対して正しい認識が出来なくなる失見当識などが見られるようになります。それに伴って感情の動揺も起こります。しかし第一期の段階では人格が著しく変化することもなく、人によりますが愛想などは良好状態にあります。

第二期の段階では、記憶力の低下が明確に見られるようになり、記憶障害・注意障害・遂行機能障害・社会行動障害などといった「高次機能障害」が顕著になってきます。前頭葉への異常が関連し、地誌的見当識障害・視空間失認のため一人で外出すると帰宅することさえ困難になります。

第三期は最終段階で、運動障害・行為障害・遂行機能障害・人格情動障害・発動性障害・健忘症状を高次で内包する前頭葉症状に陥ります。前傾姿勢・小刻み歩行といった運動障害が起こるのも第三期です。そして最後は、大脳皮質が大規模な機能障害を起こすことによって発症する「失外套症候群」となり、大脳皮質機能が完全に消失してしまい、いわゆる寝たきりの状態になります。

アルツハイマー病とは


http://www.shinwa-ticket.ne.jp/
クレジットカード 現金化

ポスター印刷 激安
ポスター印刷を激安でならディプリーズ楽天市場店で!

ペットホテルの送迎 杉並渋谷中野目黒大田区新宿品川港区
http://pethoteltokyo.com/sogei-page.html