アルツハイマー病.com TOP → アルツハイマー病とは アルツハイマー病の画像診断

アルツハイマー病の画像診断

アルツハイマー病は画像診断で解析することができます。CT・MRIを用いての脳萎縮・脳溝脳室拡大の確認、脳の形態的異常を証明と、SPECT・PETを用いての脳血流量・酸素消費量・ブドウ糖消費量など、脳の機能的異常の証明などが可能です。アルツハイマー病にかかると、通常よりも明らかに大脳皮質・海馬が萎縮しており、脳室が拡大してしまっているため、画像診断で判別しやすいのです。

CT・MRIを用いた場合、前述したように海馬が萎縮しているのを発見しやすいです。アルツハイマー病を発症した場合、大脳の萎縮などに比べれば、海馬の萎縮はかなり早期から起こるため他より目立つのです。

SPECTとは単一光子放射断層撮影の英語名の略称であり、画像診断法の一つです。体内に放射性同位体を入れて、それから発せられるガンマ線によって断層画像を検出する方法です。心臓病や癌、もしくは脳血管障害を調査する際に使用することが多いですが、アルツハイマー症の画像診断にも使われます。SPECTによればアルツハイマー病は、脳血流・グルコース消費量・酸素消費量が側頭葉・頭頂葉において、他の部位に比べると低下の傾向が強いとされています。

アルツハイマー病は自覚症状や医師の問診から疑いを見出し、画像診断によって確信を得る流れになります。この画像診断はアルツハイマー病の診断に欠かせないもので、アルツハイマー病と思われる様々な症状が出ていたとしても、画像診断を行わない限り発症の診断を下されることはほとんどありません。

アルツハイマー病とは